ダラス転勤でおろおろする家族の日記

夫がアメリカ勤務(テキサス州ダラス)だ!、と言い出し、あわててあれこれ調べたり準備したり。やったこと役にたったこと、の記録と日々のことなど、適当に書いていく予定。時々ロードレース、時々トリ。

証券口座③:iDeCoはどうなるのか?

楽天証券は、海外在住だと口座が維持できないという話を以前書きました。 他にiDeCo保有しており、今後の手続きについて調査しました。

torilover.hatenablog.com

 

投信の移管

 1銘柄だけ移管しようかなあと思っていたのですが、投信移管の書類について問い合わせると、その書類が面倒に感じまして、色々準備で頭がいっぱいなのもあって、全投信現金化してしまいました。

iDeCoはどうなるのか

投信は現金化してしまったので、銀行口座に戻せばいい状態になったのですが、去年から掛けはじめたiDeCo楽天証券にあります。iDeCoを始めた際は、夫の海外転勤なんてことはさっぱり考えておらず、節税にいいかな、まずは少額で・・・と軽く考えて始めました。掛け金は、給料天引きにはしていないので、職場からはまず、証券会社に問い合わせるよう指示がありましたので、楽天証券のサイトに記載の電話番号に電話をして問い合わせをしました。

www.rakuten-sec.co.jp

配偶者帯同休職の場合は掛け金の拠出が続けられる

結果、配偶者帯同休職の場合、掛け金の拠出が続けられるとのことでした。確認されたポイントとしては

  1. 日本に住民票がない
  2. 厚生年金の加入は続く
  3. 日本に親族がいてその住所が確認できる(パスポートの「事故の場合の連絡先」欄にその親族の情報を記入し、手続きの際にそのページの写しを送付するとのこと)

これらの条件があれば拠出を続けられるとのことです。

ただ、私自身は無給ですので、高くない金額にしていても、掛け金の拠出を続けることが将来負担になる可能性があります。その旨相談しますと、運用指図者というものに変更することができるそうで、新たな手数料なしでこれまで掛けたものはそのままにしておけるということでした。運用指図者になる場合、その変更届を出せばよいとのことでした。あわせて、住所変更も届け出るのですが、その際は上記の3のパスポートの写しを送ることになるそうです。とりあえず、関係書類の送付をお願いしておきましたので、届いたら動き出すつもりです。

新たな手数料なしってホント?

とはいえ、別途調べていた、非居住者は楽天証券の口座を解約しないといけないということになると、どうやって運用指図者というのを続けるの?という疑問が残ります。確定拠出年金ダイヤルでは、それは楽天証券口座のヘルプデスクに電話してほしいとのことで、すべての疑問を解決することはできませんでした。確定拠出年金ダイヤルで分かることは、楽天証券が解約になるとJIS&Tで続けられるので、大丈夫ですよ、ということでした。ここはいくら素人が調べてもわからないと思うので、電話してみます。分かったら、また記事にするつもりです。

そういえば・・・?

・口座管理手数料:768円(年額)はどこの金融機関にしてもかかるという仕組みだったはずなので、0円ではないですよね。これは既知の手数料だから「新たな手数料なし」なんだよ、という意味なのかな。ちょっと不親切な案内かもね。と感じました。

 

証券口座④に続く。